かがやきの丘 <きらきらカフェ>睡眠・廃用性症候群・薬

イベントレポート
2019.01.10 かがやきの丘

可愛らしい手作りのお正月飾りが華やかな新緑の丘で、

年明け最初のきらきらカフェ開催となりました。

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

昨年11月に開催したカフェではかがやきの丘施設長の池野医師より講話がありましたが、

今回はかがやきの丘の竹田ひろみ看護師よりお話を聞きました。

「睡眠・廃用性症候群・薬について」の内容になります。

睡眠不足になると、どんな不調がでてくるの?

廃用性症候群とはどういうもの?

薬の役割と、正しく服用する理由と、注意点は?

 

「おれは寝すぎったな」

「おれは毎晩、水の薬(酒のこと)を飲んでだ」「ワハハハ」

など、ところどころで講話の内容を自身に当てはめた声が聞かれました。

 

特に薬のことについては、高齢の方は複数の診療科や病院にかかることも多く、

その分、処方される薬も多くなります。薬の飲み合わせによる体調不良を防ぐために、

「違う病院にかかっても、薬をもらう薬局は一か所で」とアドバイスがありました。

また、市販されているサプリメントとの飲み合わせはどうかという質問があり、

「まずは主治医に相談すること」という返答でした。

サプリメントでなくともダイエット食品にも医師に相談するよう注意書きがあるそうです。

看護師の話にお客様もカフェスタッフも真剣に耳を傾け、メモをとります。

 

少し難しい話をした後は、おやつを食べながらくつろぎましょう。

 

 

カフェの最後はリハビリスタッフによる体操で体を動かします。

 

今回は、カフェ恒例の「ズンドコ節」ではなく川西湖山病院のリハビリ科が映像を作成した

365歩のマーチ」を見て体操しました。

この体操は脚の動きもたくさんあります!

 

今日も楽しかったですね。

 

来月の開催は

・2月 6日(水)きらきらカフェ(新緑の丘)です。

真冬の開催ですので、天気と道路の雪の状況が心配されます。

お越しの際は、安全を最優先に無理をせず、温かい格好でお越しください。

 

(2019年1月9日 医療法人社団緑愛会 介護老人保健施設かがやきの丘 高橋)