渡部 喜彦さん

川西湖山病院 栄養科

調理師

仕事の面白さを感じるときは、どんな時ですか。
食事を召し上がったお客様から「おいしかった」とお声をいただけると、とても嬉しいです。多様な食事形態を決められた時間に提供するという業務で、スムーズに食事を提供出来た時は達成感を感じます。また、経験を重ねる中で自分の調理技術の向上を感じる時は面白さを感じます。
この仕事で感動したことをお聞かせください。
病院の企画で毎月一回のお茶会を担当しているのですが、そのお茶会の際に、お客様から「本当においしかった。ありがとう」と、涙を流して喜んでいただけたことが一番心に残っています。お客様にとって食事がいかに重要か改めて気付いた出来事でした。
これから入職してくる仲間へメッセージをお願いします。
調理の仕事は体力的に辛い時もありますが、それ以上にやりがいや楽しさのある仕事です。料理が好きでスキルアップしていきたい、という方も活躍できる職場だと思います。
皆様と一緒に働ける日を楽しみに待っています。