江口 陽介さん

訪問看護ステーション

作業療法士

仕事の面白さを感じるときは、どんな時ですか。
訪問リハビリのおもしろさは、お客様の実際の生活場面に入っていくという事です。環境や物理的な制限もあり難しい部分も多々ありますが、お客様の在宅生活がより良いものになるよう様々な工夫や活動を通して、お客様やその家族と協力し、目標を達成する事にやりがいを感じます。自分自身が最大の武器になる所が難しくもあり、おもしろさでもあると思います。
この仕事で感動したことをお聞かせください。
感動した事は沢山ありますが、担当していたお客様が入院してしまった時に「江口君とリハビリしたいから退院させてくれ」と言い、その病院から在宅復帰した事がありました。その時は、とても嬉しくこの仕事をしていて良かったと思いました。さらに、そのお客様は病院では立つのがやっとの状態でしたが、在宅復帰したとたんに歩行器で歩きました。改めて、自宅はお客様にとってのパワースポットなのだと実感しましたし、感動しました。
これから入職してくる仲間へメッセージをお願いします。
職種は違っても、目の前のお客様の為に自分の力を発揮する点は一緒だと思います。誰かの為に精一杯頑張ることはとても魅力的で、やりがいのある仕事だと思いますし、自分の成長にも繋がります。医療福祉を通じて、人の優しさや温かさを感じながら、お客様が持つ可能性や自分の持つ可能性を引き出して行きましょう。