イベントレポート

認知症サポーター養成講座②

2019.03.27 本部

講座の後半は、事例に沿った接し方のグループワークです。

事例の演者は、山辺高校の卒業生で、現在山形市内の事業所で活躍する

若手5名が務めました。

迷子、レジで手間取る、しまい忘れ、帰宅欲求、4パターンの事例を

熱演します。

その後、グループに分かれてのグループワークをしたのですが、

ここでも活発な意見の交換がされ、とても盛り上がっていました。

役割分担などもてきぱきと決めており、関心しました。

 

③につづく

~オフショット~

お世話になった先生と卒業来の再会☆

先生の期待に応えるような、立派な社会人になっているかな???

 

(2019年3月8日 医療法人社団緑愛会 水野)

 

一覧へ