研修・セミナー

楓の家 高齢者虐待防止研修

2019.09.05 楓の家

今月の全体会議にて、法人研修【高齢者虐待防止研修】に参加した

職員による伝達講習が行われました。

まずは、自己分析。

「私の楽しみ、趣味、生きがいは?」

「仕事中、イラっとするのはどんな時?」

書き出してみることで、自分のストレスの素やストレス解消法が

分かります。

そして、同じテーブルの職員と見せ合うことで、自分以外の人の

ストレスも分かります。

「あ~、うんうん。分かる分かる。」と同調する職員。

フォローしあうことも大事とのこと。

仲間がストレスを感じているな、と思ったら見て見ぬふりせずに

そっと手を差し伸べられるような余裕があるといいですね。

「自覚」は問わない

「意志」は問わない

「いじめてやろう」「虐げよう」と

思っているかは無関係

結果として起こっていれば虐待

虐待とは?を、お得意の詩吟でアレンジし、和やかな雰囲気の中で

勉強会は締めくくられました。

今日学んだことを日々の業務の中で活かせるようにしましょう!

(2019年9月5日 医療法人社団緑愛会楓の家 管理部 齋藤)

 

 

 

 

 

一覧へ