その他

かがやきの丘 栄養科「重陽の節句」

2020.09.11 かがやきの丘

9/9(水)重陽の節句 昼食

<献立>

・栗ご飯

・生麩と春雨の澄まし汁

・カレイのもろみ漬け

付)アスパラ

・ほうれん草となめこのおろし和え

・マスカットゼリー

 

9月9日の「重陽の節句」とは五節句の1つで、平安時代の初めに中国から伝わったと

されています。

古来中国では、奇数の日は縁起の良い「陽の日」とされ、その中でも1番大きい陽の数字で

ある9が重なる9月9日を重陽(ちょうよう)と呼び、五節句の1つとして親しまれる

行事となったそうです。

 

今回は重陽の節句に合わせ、栗ご飯を提供しました。

炊きあがった御飯にやわらかく煮た栗をいれ、塩で味付けしました。

栗の粒がごろごろと入ったご飯にお客様も大変喜ばれていました🌰

もっと食べたかったという声も!

色鮮やかな生麩の澄まし汁とマスカットゼリーでいろどりも良く提供できました。

 

食欲の秋となり、美味しい食材がたくさんですね🍁

旬の食材を使ったメニューをどんどん提供しますので

これからの行事食もお楽しみに🌞

 

(2020年9月10日 医療法人社団緑愛会 介護老人保健施設かがやきの丘 栄養科 佐藤)

一覧へ