医療法人社団 緑愛会
RECRUIT 2021

人と人を繋ぐこと、
それが私の仕事です

川越幸子

川越幸子 山形医療連携室 主任

川西湖山病院

2003年4月 入職

保育士と介護福祉士、社会福祉主事の資格を取得。介護職として3年間勤務した後に、現在の相談業務へ転属しました。院内または、地域内施設と連絡を取り合いながら、病院業務の円滑化に努めています。

緑愛会を選んだ理由を教えてください。

福島市の短大に通っていた私は、在学時の実習も同市内にある老健が中心でした。地元の米沢市に戻り働きたいという意識が強かったのですが、こちらの病院や施設を訪れる機会が無く悩んでいました。そんなときに偶然、ここ『川西湖山病院』の求人を目にして、すぐに連絡してみることにしました。すると「今からでも見学して頂けますよ」と、親身に対応してくれたのです。
初めてここへ来た時は、職員の皆さんがとても親切で施設も明るくて綺麗という印象を受けました。とてもウェルカムな雰囲気で迎えていただき、私はすぐに「ここで働きたいです!」と入職を希望しました。新卒で入職してから早14年が過ぎましたが、今でも充実な日々を送っています。

川越幸子

後進の指導の際、心がけていることは。

相手を知ることの重要性を伝えています。院内での相談業務、また地域医療連携室としての業務は、例えるなら院内とその他多くの連携施設の情報が交差する十字路です。お客様とその家族はもちろん、医師や看護師、介護士など、業務に携わる方全員のことを知らないとできない業務なのです。私はまずそのことを伝え、できるだけ多くの情報を集めることを勧めます。
私の場合、3年間介護士として働いたことが現在の業務に役立っています。最近私の部署に入職された方にも、3ヶ月間は介護の現場に入っていただきました。現場の皆さんとコミュニケーションが取れてはじめて、相手の気持ちになって仕事ができるのだと思うのです。

川越幸子

仕事と家庭の両立は大変ですか。

子どもが1歳になるまでの間、産休と育休を取らせていただきました。院内に併設された保育園にもお世話になりましたが、食べた食事の内容や排便の量などとても詳細に伝えてくれました。本当に助かりましたし、小さなお子さんがいる方には、これほどお勧めできる職場はありません。
上司の理解もあり、子どもが病気になるなど、急な休みのお願いでも快く調整してくださいました。また、子どもの行事には積極的に参加するようにと、いつも協力してくださいます。仕事と家庭のバランスを支援していただけるからこそ、ここでなければできない働き方があると感じています。

川越幸子

改めて、緑愛会の魅力を教えてください。

私にとって、一番の魅力だと感じるのは、職員同士の仲が良いことです。そして、誰とでも気さくに話せる環境がここにはあります。「明るくて、居心地が良いねぇ」と、お客様も、そのご家族様も、まっさきにそこに驚きます。
また、私たち職員にとっては、上司の顔が見えることも魅力のひとつだと思います。何かあれば、部署に関係なくみんなで話し合う体制がありますし、また、勉強会や研修会が定期的にあるので、常に新しい知識や情報を得ることができます。新卒の方にはしっかりとした教育制度が整っているので、心からお勧めしたいです。

川越幸子